引越しのプランとしての梱包と荷解き

引越しのプランは柔軟に考えよう

引越しの季節になると、いつも思い出すことがあります。私が引越しをしたのは、今まで4回です。一度目は、家を新築した時、一家総出で引越しをしました。二回目は、就職して急いで引っ越した時。三回目は、その宿舎を退去した時。そして最後は、結婚して今の家に引っ越した時です。

この4回とも、それぞれ状況も引っ越す荷物も、家族の人数も違います。一人の人間が引っ越しても、それを取り巻く状況は色々と変化するのだと、春になったらよく感じます。一度目の引越しは、すぐ近所だったので、引越し業者は使わず、家族と親戚で力を合わせて引越しをしました。もちろん、大きな家具などは、トラックを借りて運びましたが、費用はかなり安くすみました。

二回目は、4回の引越しの中で一番の失敗例と言えます。なぜなら、辞令が出るのが遅く、急いで引っ越したため、引越し業者に費用を高く見積もられ、そのままその金額を支払ってしまったことです。後で考えると、繁忙期だったため、そのような価格設定だったことがわかりました。三回目はその荷物をまた実家に引き上げたため、価格は同じはずですが、時期が違ったので、全く価格が違いました。四回目は、遠方まで引っ越しましたが、単身パックを使ったため、とても安くすみました。今では単身パックにも種類があり、とても安くすむ場合があるようです。また、妊婦さんや身体の不自由な人は是非お任せパックを頼むといいと思います。これは多少価格は高くつきますが、何から何までやってくれるので便利です。引っ越す時の状況や人数をよく考慮に入れて、賢いプランを選ぶとよいと思います。

関連サイト